幸せになるそう言った権利と義務がある

今日は私のお嫁さんが名古屋に行って2日目になります
今日はお嫁さんのおばあちゃんの墓参りに行くんだそうです
今入っている途中でお嫁さんが line をくれました
嫁さんのお姉さんとお嫁さんのお母さんがお嫁さんに優しいということで、私はとても嬉しいし本当にホッとしています
やっぱり家族は仲良いのに越したことはないとか、家族仲いいのが一番なので人間にとって幸せなのは、家族が仲がいいということそれから美味しいご飯を食べられるということ
それから暖かい布団に寝られるということ
楽しい思い出を共有できるということだと思います
お嫁さんは小さい頃にお父さんとお母さんが離婚してしまって、それから大分寂しい思いをしてきたので本当に人生の苦労というものを小さい頃から知られてきたのです
だから大人になってお嫁さんは39歳になった今。
本当にもっとどんどんどんどん幸せになるそう言った権利と義務があると私は思います
そうです義務だけではなくて間違えました
権利だけではなくて幸せになる義務というものがあると思うので、嫁さんは本当にもっと幸せにならなければいけない
そうでないと上野さんにはますます幸せになってもらわないとやっぱり割が合わないと思うのです
ディセンシアアヤナス 店舗