お嫁さんのお母さん

姉が彩果の宝石が割と好きだと言う事で今度埼玉のお土産として彩果の宝石を買って行くことにしました
それから新幹線の中でシュウマイを買うことにしました
シュウマイと彩果の宝石をそれぞれかってことにしました
お嫁さんのお母さんが彩果の宝石と焼売を食べたいということでお母さんが何が欲しいと言わ珍しいことなので私もうお嫁さんも嬉しい気持ちです
実はお母さんは先日お嫁さんの誕生日に際して梅さんがカードを送った時にこれはいらないという風に言ってしまったのでそのことでお嫁さんは体操を傷ついてしまいました
やっぱりお母さんありがとううんでくれてありがとうという感動的なカードに対してこれはいらないかったと言われたらそれは誰だって傷つくと思います
それぞれお母さんには本当に何と言いますかやっぱり優しくしてもらいたいのです
私も私のお母さんにやっぱり長生きをしてもらいたいですし
これまでと同じように私にも優しく愛してもらいたいと思っています
お嫁さんだってお母さんに愛されて愛されていることを実感して生きていきたいのです
ミュゼ 乾燥肌